« きゃわいい | トップページ | アタシの運命。 »

2013年3月11日 (月)

3.11に思う。。。

最近、顔を見かけないのでとても気になっているおばあちゃんがいます。

毎日行く近所の共同浴場で会うおばあちゃんです。

 アタシは、今でこそ共同浴場に行くことは日課になっていますが、元々は家にお風呂がある派だったので、当初は抵抗がありました。

毎日のお風呂で、必ずだれかと挨拶を交わさなければいけない

からです。

わずらわしくも思いました。

 3年くらい前からでしたか。

 昼間、へんな時間にお風呂に入っていたアタシに、仲良くしてくれるおばあちゃんがいました。

それをきっかけに、他のおばあちゃん達とも仲良く出来るようになったのですけど…

一番最初に仲良くなったおばあちゃん…アタシが、ヴァセリンのクリームをあげた事により(足の裏ガサガサ用)更に親しくなりました。

 以下、クリームのおばあちゃんとします。

自称…痛いところだらけだと言っていたので、毎日会うわけではなかったのですけど、なんだかいろんな話ができました。

3・11の時、一番初めにお風呂で出会ったのは、このおばあちゃんで、怖かったね~と話したことを覚えています。

当時、アタシは父と絶縁していたので…こうして他人のお年寄りとふれあう度、父もどこかで誰かと、ふれあっていて欲しいと願ったものです。

 翌年の同じころ…去年のころになりますが、父が発病…入院し毎日が大変な日々になりました。

あんた、痩せたね???なんかあった???

と言ってくれたのも、そのクリームのおばあちゃんでした。

 事情を話すと、会うたびアタシのことを心配してくれて…

がんばっておやりよ。アンタ必ずいいことあるよconfident

と言ってくれたものです。

 でもね…共感してくれるだろうか。。。。

毎日、お風呂で一緒になる人でも、その人のこと何でも知ってるわけじゃないんですよね。

どの辺りに住んでる。。。

くらいの情報しかなかったりする。

その人が果たして何人家族なのか?とかさえも知らなかったりする。

聞いちゃいけないようなことだと思ったりして。

 クリームのおばあちゃんも実際そうで、あんまり知らなかったんですよね、実は。

 この冬は寒さが厳しかったので、クリームのおばあちゃんにあまり会わなくて、どうしのかな??と思っているうちに3月になりました。

でも家も知らないし、名前だって定かではなく…でもずーーーっとココロの中に引っかかってました。

 今日、たまたまお風呂で一緒になった、そこそこ仲良しのおばちゃんに…

つかぬ事をお聞きしますが。。。

と、そのおばあちゃんのことを聞いてみたんですよ。

何度か3人で話をしたことがあるので。

最近、会ったことありますか???と。

 そしたら、そのおばちゃんも最近会ったことがないから、ずっと気になっていたと言いました。

電話しようかな…って思ったけど、なんだかするのも悪い気がして。体が痛いから電話に出るのも辛いって言ってたし。

って。

 でも、そのおばちゃんと二人で話しているうちに、やっぱし心配だよね~ってことになり、

アタシがまず電話してみるわhappy01

と言ってくれたのです。

 昔の近所付き合いの盛んな頃なら、こんなこと普通のことなのかもしれません。

でも、今の世の中それもなかなか出来ずらかったりもします。

 今日があの3.11の日だということは良く分かっていました。

でも、アタシは被災したわけではないので、本当の怖さとか、辛さとか、心細さとか…わかっていないのだと思う事があります。

だから、おばあちゃんのことを思い出し、今日があの日だから何かしようと思ったわけではないのです。

 なぜ、今日そんなに

誰かと繋がっていなくては

と思う気持ちが強くなったんだろう。。。。

と考えたら、今日が3.11だったからなのかもしれませんが。

 4年も自分の父を放っておいてこんなこと言えた義理ではありませんが…

あの2年前の被災地の映像を、たった一人ぼっちで毎日、良く父は観ていたなと今日、改めて思いました。

 アタシは他人だから、ほんのわずかな事しかできないけど…あの3.11のころ…父はどうしているのか。。。と思いながらも何も出来なかったアタシの話を聞いてくれた、クリームのおばあちゃんのために何か出来ることはないかと考えます。

 繋がる

というよりは

何か恩返しがしたい。。。と思いました。

 今週末…

とうとうアタシの実家は無くなります。

 父にとってみれば一人暮らしの上のご近所付き合いは、いいことばっかりじゃなかったかもしれないけど…ご近所の方々が何かしら見てて下さったので、父は去年発病の末の孤独死だけは免れました。

 実家が無くなるって…

こんなにせつないことだとは思いませんでした。

それがある日突然、災害で無くなってしまったら、どんな気持ちになるだろう。。。と考えます。

 毎日、生きているとそれが当たり前のようになってしまいますけど…

せめて今日1日は、いろいろなことを考えたいです。

 


« きゃわいい | トップページ | アタシの運命。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きゃわいい | トップページ | アタシの運命。 »