« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月25日 (月)

 昨日の日曜日…義姉が甥っ子を二人連れて帰省しました。

で…アタシにこんなモノをどっさり♪

ひとめ惚れしたアクセを載せてみましたが、アタシの大好きな石『アマゾナイト』のネックレスなんですよ♪♪♪

Dscn1439

興味のある方はこちらHPからお入り頂ければ幸いですが…

義姉は、こんなアクセやバックやらを作って販売しております。

 ネット販売はしておりませんが、興味のある方はにくろくまでお問い合わせ下さいませ(笑)。

 お菓子をお土産に持ってくるよりは…

にくろくちゃんにはコレがいいと思って♪

と、自作アクセを山ほど持って登場。

 どれもこれもかわいすぎて、選べない~!!!という、長い時間が流れました(笑)。

でも、どんなに沢山あっても

どうしても、アマゾナイトに目が行くアタシ。

 この写真では伝わりにくいのですが、アタシの持ってるアマゾナイトはもっと濃い色でして、最初はこのブルーがそうだとは気づかなかったのです。

でも、あまりにキレイな色の石と、作品のかわいさに魅かれ…何を見てもコレがいいな~と思ってしまいました。

 義姉に尋ねてみると、これはアマゾナイトだと。

石の縁って絶対ありますよね~。

 他にも、ネックレスやバックチャームや、ブレスレットをもらい、超ご満悦♪

女子には本当に楽しい、日曜日なのでしたheart04

| コメント (2)

2013年3月19日 (火)

アタシの運命。

 こないだの日曜日…3月17日のことですけど

ついにアタシには実家がなくなりました。

ええ。。。

無事、売却しカギを受け渡すことができました。

 こういう日が遅かれ早かれいつかは来るのだと思っていましたが、

すっごくポジティブな所だけを取り上げると

父が生きてるうちに、処分出来て良かった

ということ。

すっごくネガティブな所を取り上げると

家を一軒処分するっていうのは、すごーーーーーく大変だった

ってこと(苦笑)。

 父の荷物を整理していると、いろんなモノが出て来まして

日記なんかもありまして…日記って言ってもメモ書きみたいなノートですけど

アタシがお嫁に行った日のことなんかも綴ってありまして

そんなものを見ながら、

コレを見るのが父が死んだ後じゃなくて良かった。。。。

と思ったり。

 小さい家のくせして、荷物が山ほどあり…それを処分するのが大変すぎて

何度も何度もキレまくって父に当たったり。

 にくろくさんの実家を買いたいのですが…

がというお電話を頂いたのが去年の8月15日。

父が退院し、今の住まいに慣れ…やっとアタシも自分のことが少しは出来るかな???と思い始めた矢先のことでした。

 たまたま、実家を欲しいと言う方がお隣さんの長男で、不動産屋を通さずの個人売買だったため、金額交渉とか…細かい契約に関することも全部、アタシ達夫婦が代行することになりました。

 年末に3月の受け渡しが決まったのですけど、荷物の整理をしたり、掃除をしたり、片付けをするなら、とにかく秋のうちにやっておきたいじゃないですか。

特に信州の冬は寒いですし、それより何より、我が家の家業が時期的に冬は忙しさのピークに達してしまいます。

だから、9月から12月は本当にこれでもかsign03ってくらい、ゴミを捨て掃除をしました。

掃除大好きheart04のアタシが、もううんざりするくらい(笑)。

 仕事もね…忙しかったんですよ。

平日は当然、家業があり…土日は秋になると婚礼が鬼のように入ってきました。

 もうね、どんだけキレて悪たれついたか…父に。

何であたしばっかり、こんなに苦労しなきゃなんないのよーーーーーっ!!

って、何度も言いました。

ええ。。。。これは修行だ。。。なんて、思えなくなってましたから。

 でもね…修行というより何より、最近わかったことですけど、

コレは父の住民票を移した時、気が付いたことなんですけど

丸20年だったんですよ、あの家に移り住んで。

ちょうど20年前の3月だったんです、あの家に引っ越したのは。

当時、母がまだ生きていまして、末期がんだったんですけど

なるべく、病院に近いところに住みたいという希望から、引っ越しをすることになりました。

母は入退院を繰り返し、妹はまだ高校生で、父は現役の会社役員だったために

アタシは仕事を辞め、専業主婦になっていましてね。

母の世話をするだけでも大変だったのに、引っ越しの準備をやっていたんですよね、一人で。

 思えば…

アタシって、そういう運命なんでした。

いつも、家のことを背負って立ってた。

 あの頃は、アタシも若くて…まぁ仕事はしてませんでしたけど…

こんな大変なことは2度とやりたくないと思ったものです。

 いつの将来か、こんなことがまたやってくるかもしれないけど…その時はアタシも結婚していて、子供もいて、仕事もしていて…そしたらこんな大変なことイッキにできないだろうな~って漠然と思いましたよ。

 20年経って…

自分の思い描いていた未来とは、やっぱり若干の違いはあります。

今、現在の自分はやっぱり20年経っていて、体力的にもしんどくなってもいます。

 まぁ…人間って出来ないsign03って思っても、その瞬間がやってくると、やらざるを得ないっていうのか、出来ないって思ったことも、出来るsign03に変わるっていうのか(笑)、20年後の今も、実家を背負って立ってるみたいな自分の運命に笑ってしまいました。

 

 20年前、妹は高校生だったため…しかも母が余命半年の宣告を受けていた頃だったので、進学を辞め、就職をする時期だったのですね。

とにかく自分のことに集中させた。

20年経っても、立場が今だ一緒っていうのも笑えます。

 アタシも妹も、同じ実家を出て嫁に行った立場なのに、妹は自分の荷物を片付けたのみ。。。。に終わりました。

20年経っても、自分のことしかしないみたいな(苦笑)。

 そのことも、アタシを怒らせ、父に悪たれをつく根源にもなったのですけど…

もう今となっては、もうどうでもいいです。

 お疲れ様、ろくちゃん…です。

 去年の今頃、2度と会うことはないだろうと思っていた父が、アタシの近くにやってきて、そこに、サクッと母の仏壇もやってきて(笑)、こんな不思議な瞬間がやってくるもんかな~って思っていましたけど、アタシはお嫁に行こうがどうしようが、そういう運命だったんですよね。

 ってことは…

アタシは自分の運命を、思う存分生きているのかな。。。って思うわけです。

 明日は、久しぶりの休日です。

お彼岸なので、お墓参りに行き、お墓の掃除をし…実家の売却の件を母に報告しようと思います。

 どうでもいい話ですが…

この半年、狂ったように来る日も来る日も掃除をしたり片付けをしながら思ったんですけど…

日々の掃除や片付けなんて、この半年に比べたら屁みたいなもんなんですよ。

だから、

なんか、もうちょっと優雅にやっていきたいなって思って(爆)。

 所作にも気を付けて、『掃除道』みたいな(笑)。

 ちょっと、今週はのんびりさせてもらいます。来週からは、春期講習会なので。

| コメント (0)

2013年3月11日 (月)

3.11に思う。。。

最近、顔を見かけないのでとても気になっているおばあちゃんがいます。

毎日行く近所の共同浴場で会うおばあちゃんです。

 アタシは、今でこそ共同浴場に行くことは日課になっていますが、元々は家にお風呂がある派だったので、当初は抵抗がありました。

毎日のお風呂で、必ずだれかと挨拶を交わさなければいけない

からです。

わずらわしくも思いました。

 3年くらい前からでしたか。

 昼間、へんな時間にお風呂に入っていたアタシに、仲良くしてくれるおばあちゃんがいました。

それをきっかけに、他のおばあちゃん達とも仲良く出来るようになったのですけど…

一番最初に仲良くなったおばあちゃん…アタシが、ヴァセリンのクリームをあげた事により(足の裏ガサガサ用)更に親しくなりました。

 以下、クリームのおばあちゃんとします。

自称…痛いところだらけだと言っていたので、毎日会うわけではなかったのですけど、なんだかいろんな話ができました。

3・11の時、一番初めにお風呂で出会ったのは、このおばあちゃんで、怖かったね~と話したことを覚えています。

当時、アタシは父と絶縁していたので…こうして他人のお年寄りとふれあう度、父もどこかで誰かと、ふれあっていて欲しいと願ったものです。

 翌年の同じころ…去年のころになりますが、父が発病…入院し毎日が大変な日々になりました。

あんた、痩せたね???なんかあった???

と言ってくれたのも、そのクリームのおばあちゃんでした。

 事情を話すと、会うたびアタシのことを心配してくれて…

がんばっておやりよ。アンタ必ずいいことあるよconfident

と言ってくれたものです。

 でもね…共感してくれるだろうか。。。。

毎日、お風呂で一緒になる人でも、その人のこと何でも知ってるわけじゃないんですよね。

どの辺りに住んでる。。。

くらいの情報しかなかったりする。

その人が果たして何人家族なのか?とかさえも知らなかったりする。

聞いちゃいけないようなことだと思ったりして。

 クリームのおばあちゃんも実際そうで、あんまり知らなかったんですよね、実は。

 この冬は寒さが厳しかったので、クリームのおばあちゃんにあまり会わなくて、どうしのかな??と思っているうちに3月になりました。

でも家も知らないし、名前だって定かではなく…でもずーーーっとココロの中に引っかかってました。

 今日、たまたまお風呂で一緒になった、そこそこ仲良しのおばちゃんに…

つかぬ事をお聞きしますが。。。

と、そのおばあちゃんのことを聞いてみたんですよ。

何度か3人で話をしたことがあるので。

最近、会ったことありますか???と。

 そしたら、そのおばちゃんも最近会ったことがないから、ずっと気になっていたと言いました。

電話しようかな…って思ったけど、なんだかするのも悪い気がして。体が痛いから電話に出るのも辛いって言ってたし。

って。

 でも、そのおばちゃんと二人で話しているうちに、やっぱし心配だよね~ってことになり、

アタシがまず電話してみるわhappy01

と言ってくれたのです。

 昔の近所付き合いの盛んな頃なら、こんなこと普通のことなのかもしれません。

でも、今の世の中それもなかなか出来ずらかったりもします。

 今日があの3.11の日だということは良く分かっていました。

でも、アタシは被災したわけではないので、本当の怖さとか、辛さとか、心細さとか…わかっていないのだと思う事があります。

だから、おばあちゃんのことを思い出し、今日があの日だから何かしようと思ったわけではないのです。

 なぜ、今日そんなに

誰かと繋がっていなくては

と思う気持ちが強くなったんだろう。。。。

と考えたら、今日が3.11だったからなのかもしれませんが。

 4年も自分の父を放っておいてこんなこと言えた義理ではありませんが…

あの2年前の被災地の映像を、たった一人ぼっちで毎日、良く父は観ていたなと今日、改めて思いました。

 アタシは他人だから、ほんのわずかな事しかできないけど…あの3.11のころ…父はどうしているのか。。。と思いながらも何も出来なかったアタシの話を聞いてくれた、クリームのおばあちゃんのために何か出来ることはないかと考えます。

 繋がる

というよりは

何か恩返しがしたい。。。と思いました。

 今週末…

とうとうアタシの実家は無くなります。

 父にとってみれば一人暮らしの上のご近所付き合いは、いいことばっかりじゃなかったかもしれないけど…ご近所の方々が何かしら見てて下さったので、父は去年発病の末の孤独死だけは免れました。

 実家が無くなるって…

こんなにせつないことだとは思いませんでした。

それがある日突然、災害で無くなってしまったら、どんな気持ちになるだろう。。。と考えます。

 毎日、生きているとそれが当たり前のようになってしまいますけど…

せめて今日1日は、いろいろなことを考えたいです。

 

| コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

きゃわいい

 このごろ、すっごく暖かいですね~。

あの寒さはなんだったんでしょ。。。。。

 で…

満開♪

Dscn1437

 

すっごく、かわいくないですか????

天使が降ってる雪をこの花に変えた

と言われている、スノードロップ。

 まだ、沢山あった雪の下から芽が出てきた時の方が、もっとかわいいんですけどね。

 

ここ最近、自宅の玄関やトイレ・リビングなどなど…

飾るお花に困ったことがありません。

 なぜなら…

婚礼の仕事帰りに、残ったお花を頂いて帰れるからです(笑)。

 もうそろそろ、換え時かな?と思う頃に、お仕事が入るので…

この冬も花屋さんにほとんど行かずにも、我が家にはお花が溢れていました。

 婚礼のお花って…幸せいっぱいなカンジがしますよね。

だから、絶対頂いてくるのですけど

最近、アタシなりにテーマを決めていましてね

にこだわってお花を頂くんです。

 白い花って、最近とっても好きで…

いろんな白いお花が活けてあるのを見ると、すっごい贅沢な気がするんですよね。

 だから…

最近、仲良しのMCさん(司会者さん)もわかってらして

ほら、ほら!にくろくちゃん!白!白!!

と、言って下さいます(笑)。

 ただね…

やっぱり…時を待って待って、がんばって咲いてる花は、かわいいね~って思うのですけど。

Dscn1438

 アタシの住んでるところは暖かいですが

北の地方の方々…

週末、本当にお気をつけ下さいませ。

 

| コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »